カテゴリー別アーカイブ: 告知

Scratchで制作した学習ゲームのサンプル

Scratchで制作した学習ゲームのサンプル

まなゲーらんど管理者 池田俊明が、誰でも簡単に学習ゲームを作れて公開できてしまう方法をお教えします。

MIT(マサチューセッツ工科大学)開発の子ども向けプログラミング学習ツールであるscratchを使って、画像のようなクイズ形式の学習ゲームが、画面上でパーツを組み合わせていくうちに(ほぼマウスだけで)誰でもサラっと作れてしまいます。

授業内容や、子供たちの必要とする内容に合わせて、ちょっとした楽しいツールを提供してあげられる大人が増えたら、きっと笑顔で勉強できる子供が増えるはず。

インターネットを閲覧できて、マウスを操作できて、ちょっとだけキーボードが使えれば、必ずできるようになります!パソコンが得意でない方も心配ご無用です。

Scratchによるプログラミングの例

サンプルゲームの中身はこんな感じになっています

scratchは数年後に導入と噂の小学校でのプログラミング必修化でも、使用されるツール候補に挙げられています。そちらへの備えも兼ねて特に教員のみなさんへの受講をおすすめします。

【日時】10月29日及び30日 13時〜17時

※同じ内容で2日間開催します。ご都合の良い日を一方選んでご参加ください。

【持ち物】ノートパソコンをお持ちの方は極力ご持参ください。(貸し出しも可能ですが、台数に制限がございますのでご希望の方は事前にご相談ください。)

【参加費】3,000円

【お申し込み】下記リンク先の「こくちーず」ページよりお申し込みください。

29日(土)
http://www.kokuchpro.com/event/a4b0b674ce1aad670fb3181991f45392/

30日(日)
http://www.kokuchpro.com/event/e51290b192b2295975da25d428ff08fa/

タブレットと学習ゲームを活用した学習意欲解放への取り組み(2)

取り組みレポート:啓発小学校(2)

株式会社まなゲーは、学校や先生と連携して、タブレットPCと学習ゲームを活用した児童の学習意欲解放の為の取り組みを行っています。今回は大阪市立啓発小学校との第2回目の様子をレポートします。

第1回目の模様はこちら

第2回レポート

今回は担任の山平先生に主導していただき、池田はサポート要員にまわりました。

第2回目の今日は、タブレットの出番はありません。 しかし、一連の授業にとってとても重要な回。ダン・ドリに登場させるモンスターたちのデザインを通じて、「自分と勉強」を見つめてもらいます。

まずは、グループに分かれて、勉強について「好き⇔嫌い」「大事⇔大事じゃない」を軸に、意見や理由について考えを出し合います。

グループで話し合い

全てのグループで「嫌いだけど、大事」という意見が多くなりました。理由は様々。それらをホワイトボードにまとめて、黒板に張り出し、グループの代表者が各班で話し合った内容について発表します。

発表

池田が注目したのはコレ。

IMGP1363

矢印は「テンションさがる」と読むらしいですが、 ある単語を聞いただけで気分が下向きになるというのも考えてみればすごい話です。

ここまでだけでもかなり面白いです。

次は、グループを解散、個人に戻ってワークシートを使って、これから描くモンスターの「設定」を考えます。勉強に対する自分の気持ち、そういう気持ちになっている自分自身について考えながら「大きい⇔小さい」「強い⇔弱い」「怖い⇔やさしい」などの、キャラクターのステータスを設定していきます。あわせて「どうしてそういう設定にしたの?」という問いに対する答えも考えてもらいました。

設定1

イラストを描く前に、テキスト化やグラフ作成を行ったのは、いきなり絵を描き始めてしまうと、「好きなキャラクター」や「描きたいイメージ」にひっぱられ過ぎてしまう可能性が高まると考えたからでもあります。

ここで池田からちょっと補足を加えました。

「モンスターたちを『敵』として描いても良いし、『味方』として描いても良いよ」

味方として描きたい子も中にはいるだろうぐらいの気持ちで呼びかけましたが、後で予想外の結果となります。

もちろんモンスター達の名前も考えてもらいました。

設定2
※待ちきれず、キャラクターデザインをこっそり「内職」してしまう子も(笑)

みんなすごく真剣に考えています。「勉強」のことを!!

設定をまとめたら、いよいよイラスト作成にうつります。

描き方等に関する質問が殺到して、てんてこまいになりました。みんな真剣そのもの!!

IMGP1381

一発で描きあげる子もいれば、何度も何度も描き直して、あたらしい用紙が必要になる子も・・・

IMGP1383

それにしても、みんなとても個性的!おもしろいモンスター達が続々と生み出されました。

そして、予想に反して「味方」を描いた子が多かった!

敵として描いた子も「勉強」を敵として描くというより、勉強に対する自分の気持ちや、頑張れない自分の心などを描いた子が多かったのが印象的でした。

実をいうと、この取り組みにあたって、勉強を「モンスター」として子供たちに描かせることには、当初、多少の懸念がありました。子ども達に、怪物(=悪属性)のものとして「勉強」を描かせ、それを叩きのめすゲームを作ることで、両者の関係をよりおかしなものにしてしまうのではないかという懸念です。

でも、それは杞憂でした。

ひとつには、ポケモンやカード対戦ゲームに慣れた彼らにとって、そもそも「モンスター」は、不慣れな大人が想像するような奇怪・醜悪・邪悪な存在とは、異なるイメージのものだった、ということもあるでしょう。

けれど、それ以上に、子ども達が「勉強」の問題を、「自分の問題」として捉えていることのあらわれだったのだと思います。

これを見て、僕には二つの反省がありました。

ひとつは、上記のごとき懸念を持つに至った、僕の発想の貧困さ。失礼しました。

それから、子供たちが「勉強が嫌いな自分」「勉強をがんばれない自分」という自己イメージから日常的にダメージを受けているという事態についての認識がまだまだ甘かったこと。

授業をしに学校を訪れて、自分自身が学ぶことのなんと多いことか。

描きあがったイラストを回収して、今回は終了です。 「いつ見られる?」「今度はいつ?」「家でも遊べるようになる?」矢継ぎ早に質問を浴びながらの撤収となりました。

<第3回レポートへ続く>

本件に関するお問合せは下記まで、メールにてお願いいたします。
※お送り頂いたメールの送信元アドレス、送信者に関する情報はお問合せへの回答以外の目的で使用されることはありません。

infomail

学習ゲームサイト★まなゲーらんど★トップへ

タブレットと学習ゲームを活用した学習意欲解放への取り組み(1)

取り組みレポート:啓発小学校(1)

株式会社まなゲーは、学校や先生と連携して、タブレットPCと学習ゲームを活用した児童の学習意欲解放の為の取り組みを行っています。今回は大阪市立啓発小学校との第1回目の取り組みの様子をレポートします。

タブレット

この取り組みの狙いは、学習ゲームを用いた活動を通じて、子どもたちに勉強について改めて考えてもらい、自分と勉強の関係を見つめなおす契機とし、彼ら彼女らの意欲や自信を解放していくことにあります。

それらの解放の結果のひとつとして、基礎学力の向上が見られるものと期待していますが、何よりも彼らの気持ちをサポートすることに重点を置いている点に特徴があります。

11月19日(火)

第1回目は池田が進行させていただきました。先生にごく簡単に池田を紹介してもらい。児童にはあまり事前に情報を与えずにスタート。

keihatu1-01

(池田俊明と申します)

「好きだったら拍手!」ゲームでアイスブレイク。画面に表示されるものが好きだったら拍手。「ラーメン」などの食べ物からはじまり、「マンガ」「アニメ」と来て、「ゲーム」で拍手が最大化。直後の「勉強」出現で見事なまでにピタリと拍手がとまりました。

ひとしきり笑いあって雰囲気がほぐれたところで話を始めます。

「僕の仕事では、一番人気のゲームと一番不人気の勉強、このふたつを扱っています。」

これだけ伝えた後は、自己紹介は後回しにしてさっそく質問にうつります。

「勉強とゲームはどこが違う?」

おもしろい⇔つまらない から、徐々に具体的なポイントに。程なく、画面の動きやサウンド、キャラクターなどゲームらしさを構成する要素が次々あがってくる。みんなスルドい!

keihatu1-04

ゲームでは何か操作をするたびに上記要素が組み合わさって反応がおこる。勉強にはこれらが全くない。というところまで進んだところで質問を変更。

「じゃあ、ゲームと勉強の似ているところは?」

頭を使う!ナイス。手を使う目を使う。うんうん。

「僕が注目してるのは『くりかえして強くなる』です」
「ゲームだって繰り返さないとうまくならない。しかも操作そのものはとっても単純。」
「だから、ゲームって実は『くりかえせる仕組み』の塊なんです。」

keihatu1-03

で「今、こんなのをつくってます」とモニターに現在制作中のダンドリ(ダンジョンズ&ドリルス)を見せる。画面説明をしているうちにも、子ども達がソワソワしはじめているのが伝わってきます。

keihatu1-05

「じゃあ、ちょっとみんなでやってみようか」
『よっしゃー!』

先生からグループ分けの指示とiPadの配布をしてもらいスタート。
啓発小学校では来年度から1人1台体制が整う予定だが、現在はクラスに10台。
5人グループに別れ、ひとり1分ずつ交代で3順ほど体験してもらいました。
どういう反応になるかとちょっと緊張しましたが、非常に良い感じで盛り上がりました。

keihatu1-06

子ども達の顔に集中した表情と笑顔が入れ替わり現れるさまが印象的。

授業開始時にちょっと斜に構えた感じだったり、やる気のない雰囲気をだしていた子どもほど、熱心にやっている傾向が面白く、実際、終了を告げられても一番最後まで粘っていたのは、はじめ小声で「おもんなそ」とか言っていた子だったとか。笑

各グループでゲットしたモンスターの数など発表して、再び僕の話へ。
(ダンドリではある程度成果をあげるごとに、出現したモンスターを捕獲できる仕組みになっています。)

keihatu1-07

「今更ですが自己紹介」

『え?』
『ホンマにいまさらやw』

こういう細かいところにもちゃんとリアクションがあるのが嬉しい。

出身や、小学校低学年の頃、先生に酷く扱われたこと、勉強に苦しんだこと、なぜか塾の先生になったこと、塾の仕事で勉強に押しつぶされる子供たちを沢山みたこと、彼らの「わからない」には応えられても「とりくめない・くりかえせない」を支援することがとても難しく無念だったこと。そこから今の仕事を始めるようになるいきさつなどをお話ししました。

そして最後、

keihatu1-08

「勉強ってなんだろう?」
「勉強ぎらいってどういうことだろう?」

A君(宿題にとりくめない小1)、B君(九九ができない小4)ふたりの事例をあげながら、彼らに対して、ゲーム的仕組みを用いて目先を変えてあげたところ、劇的な変化が起こったことを述べた上で、みんな自分のことを「勉強ぎらい」だと言うし、大人もみんなに対してよく「勉強ぎらい」とか「やる気がない」とかいっちゃうけれど、みんな本当に「勉強が」嫌いなのかな。「やる気のない子」なんて僕はみたことないんだけど、ホントにいるんかな?という話をしました。

keihatu1-09

結論は出さず。これから一緒に考えていこうね、ということで本日の授業は終了。

この最後の硬い話を、子ども達が非常に集中した表情で聞いてくれたことに(それを狙っていたのではあるけれど)とても驚きました。「自分ごとと」して聞いてくれたのだなと確信しました。

次回予告

「ダンジョンに出現するモンスターたちを、みんなにデザインしてもらいます!」
「39人全員分のオリジナルモンスターをダンジョンに出現させます」

おおー、っと盛り上がって休憩時間となりました。
第2回ではモンスターデザインを通して、自分のなかの「勉強」を見つめなおしてもらいます。

<第2回レポートへ続く>

本件に関するお問合せは下記まで、メールにてお願いいたします。
※お送り頂いたメールの送信元アドレス、送信者に関する情報はお問合せへの回答以外の目的で使用されることはありません。

infomail

学習ゲームサイト★まなゲーらんど★トップへ

取り組みが、大阪日日新聞さんで紹介されました

まなゲーと大阪市立啓発小学校が連携しての取り組みが、大阪日日新聞さんで紹介されました。また、こちらでもレポート書きます!

nichinichisimen

http://www.nnn.co.jp/dainichi/news/131125/20131125023.html

学習ゲームサイト★まなゲーらんど★トップへ

【告知:僕の仕事に名前がつきました】

最近ある取り組みの中で意欲を高めるとか伸ばすとかではなく、もともとあるものを「解放」するんだという思いを強めたのですが(この取り組みについてはまた別途書こうと思います)、それがとても自分の中でしっくりきて、伝わりやすそうな気もするので、自分の職業に名前をつけることにしました。今まで無かったんですよね;;

やる気を解き放つ人ってことで、
「モチベーション・リベレーター」です!
(おー、やっぱり書くと恥ずかしいな。でもやめない。)

はい!そういう訳で、今日から僕の職業はモチベーション・リベレーターになりました!
今度名刺作ったらこれも書いとこっと。

これで「ご職業は?」と訊かれても、ちゃんと元気に返事ができますね!
(説明しないといけないことに変わりはないが・・・)

リベレーターでググると、3Dプリンタでつくる鉄砲とか怪しいのがでてきますねw
でもかのシモン・ボリバルもリベレーター・シモン・ボリバルと称されるらしいし、いいかな。

大事なことなので繰り返します。
(とりあえず連呼して慣れたい)

俊明くんの職業はモチベーション・リベレーターになりました。
池田さんの職業はモチ・リベです。

よし、ちょっと慣れたぞ。

学習ゲームサイト★まなゲーらんど★トップへ

プロジェクト進行中【参戦クラス募集!】

現役の先生方と協力して、こんなプロジェクトを進めています。

子ども達がデザインした「勉強ぎらいモンスター」をドリル・ダンジョンに解き放て!

自分が、友達が、デザインしたモンスターたちが徘徊するダンジョンを探索。捕まえたモンスターたちを「モンスター図鑑」にコレクション。コンプリート目指して進むうちに膨大な計算練習が出来てしまうという目論見です。

画像のモンスターたちは、畝傍北小学校・大正小学校のみなさんがデザインしてくれました!すごく個性的でしょう?これは収集欲を刺激されます(笑)

まだ準備段階ではありますが、参戦クラスを募集します。関心を持たれた方は是非お問い合わせ下さい。(コメントはスパムが多いので問い合わせフォームの利用をオススメします)

uk_allin1ts_allin1ts002ukt003ukt004

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

学習ゲームサイト★まなゲーらんど★トップへ

【告知】WEBライブセミナー「家庭でなおす『勉強ぎらい』」第8回

ネットセミナーの「ヒメル・リッリ」さんで、概ね月1回ライブ・セミナーを実施させていただいています。

次回開催の日時と内容は以下の通りです。

【日時】3月21日(水)13時~

【内容】「家庭でなおす『勉強ぎらい』」というテーマで続けてきたこれまでの内容を総括しつつ、「やる気の守り方・育て方」に注力してお話します。

これまでの7回分の録画も視聴可能ですので、興味をお持ちになった方は、ぜひご覧下さい。

ヒメルリッチさん

http://www.himmel-rich.com/

このセミナーのページ

http://www.himmel-rich.com/lessons/info/4f4c33e0-e9fc-47df-ba58-714d0a9c8514

学習ゲームサイト★まなゲーらんど★トップへ