お勉強モンスターの紹介(7)- シャーク野郎 –

こんにちは、まなゲー池田です。
出張授業をさせてもらう時、子ども達に学習ゲーム内に登場する「勉強モンスター」のデザインに挑戦してもらっています。

この取り組みの狙いや趣旨など
(初めてご覧になる方はあらかじめ第一回目をご覧ください)

今回紹介するのはこのキャラクター

勉強モンスター:シャーク野郎

お勉強モンスター:シャーク野郎

【キャラクターの設定】
(デザインした児童生徒自身が記入したもの)

提出物の期限や定期テストが近づくと、後ろからすごいいきおいでせまってくる。
いつも、子分の魚を引きつれている。
テストが近づくと、せまってくるが、それはみんなのことを思ってやっている
が、きらわれもの。

【コメント】(池田)

サメといえば、定番の敵キャラクターです。
何列にも並んだ鋭い牙、傷ついた獲物を見つける鋭い嗅覚、映画でおなじみの背後から迫るシーンが眼に浮かぶ人も多いのではないでしょうか。そんなサメ型のモンスターに追われる恐怖や焦りを、迫り来る締め切りやテストになぞらえて・・・、面白いアイディアだなーと思いながら説明を読んでいくと、

「それはみんなのことを思ってやっている」のところで、なんと!となりますね。
「が、きらわれもの」・・・切ない。

先生や保護者など周りの大人が「自分のためを思って」言っていると、頭では理解できても反感をコントロールし難いのが、思春期ですが、そんな気持ちも合わさって生乱された勉強モンスターなのかもしれません。

「今思えば、シャーク野郎のおかげで、なんだかんだ頑張れたのかも・・・」なんて、成長した子どもたちに振り返ってもらえるような。そんなモンスターになれることを願ってやみません。

スポンサーリンク
レクタングル大広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大広告