モラトリアムこそが人をヒトにしたのかもしれない

学力や性質などが、どこまで遺伝によって決まってしまうのか、というのは教育に関わるものとして非常に気になるテーマです。

一方で生物学の世界では、遺伝子による説明が難しい部分についての研究も進んできていて、エピジェネティック(遺伝子外)と呼ばれる分野が確立されてきているようです。

その研究成果の一つに、とても興味を惹かれたので紹介したいと思います。

人とチンパンジーが遺伝子的にはほとんど変わらない(2%ほど)という話は、以前からよく知られています。では、最近いろんなところで活用されまくっている遺伝子組み換えの技術を使って、その2%の部分を同じにしてしまったとしたら、チンパンジーは人間になるのか?というとそうはならないようで、そのあたりが遺伝子「外」の問題らしいのですが、現在注目されているのは、どの遺伝子が、いつ頃、どのくらい、活性化されるのかの違いで、コツコツ試料を集めて、我々とチンパンジーの脳で、どのように遺伝子の活性状況が異なるのかを調べていくと、大人への成長を促す部分の活性化が起こるのが、チンパンジーと比べてとてもゆっくりだということがわかってきているようです。

遺伝子的にほとんど同じ、ほとんどを「全く」にしたとしても、チンパンジーは人にはならない、とすれば、この違いこそが、人を人にしたのかもしれないということです。

もちろん、研究はまだまだ途上にあるものでしょうし、このことから直ちに日々の子育てや家庭教育をどうの、というのは性急にすぎるでしょうが、子どもたちが急いで大人にならなければならないような環境圧をかけることは、知的な成長を妨げる可能性があるかもしれない、というぐらいを頭のどこか、時々思い出せるぐらいの場所に、改めて置いておくのは悪いことではないように思います。

私たち親は、つい子どもが早めに成長することに安堵を覚え、それを期待し、ゆっくりだったり、停滞や逆行が起こると不安や落胆を感じてしまったりするわけですが、それにグッと堪えて、寄り道や回り道を見守ることこそが、長期的な成長や到達点の高さへとつながるのかもしれません。そう思うと「うちの子ったら・・・」という気持ちも、ちょっと楽になるかも、しれませんね。

スポンサーリンク
レクタングル大広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大広告