Scratchでゲーム制作入門 – 4ブロックモグラ叩きの改造(1) –

こんにちは、まなゲー池田です。
前回作成した「4ブロックモグラたたき」を改造して、もうちょっとゲームらしくしていきます。
今回追加したい要素は、この二つ。

  • 得点が表示されるようにしたい
  • 制限時間を設けたい

難しくなりそうですが、追加するブロックは全部で11個だけ。
しかも、その中にプログラミング学習上、超重要な要素が色々入っています。
早速やってみましょう。

「変数」を使って見る

得点や制限時間など、プレイ中に変化していくデータを扱うには「変数」というデータの入れ物が必要です。

「スクリプト」タブの「データ」パレットにある「変数を作る」ボタンをクリックします。

すると、変数作成用のウィンドウが開くので「てんすう」と入力して「OK」をクリック。

これで、変数「てんすう」が作成され、使用可能になります。
中に、数値や文字を入れたり、入れた数値を増やしたり減らしたりできます。

同じようにして、もう一つの変数「じかん」を作りましょう。

変数ができたら、早速使ってみましょう。次のことをします。

  • 得点を初期化する(ゲームスタート時に毎回0になるようにする)
  • ネコさんクリックで1点ずつ加算

これを実現するために2つのブロックを追加します。

同じようにして、「じかん」も初期化設定しましょう。
ゲームスタート時に10になるようにします。

これで、旗ボタンをクリックしてスタートすると、ネコさんをクリックするごとに、1点ずつ得点が入るようになったはずです。

「くり返し処理」に挑戦

制限時間が1秒ごとに減って、ゼロになるようにしていきましょう。
「制御」パレットを開いて、中から「〜まで繰り返す」ブロックを取り出します。
(画像にそのブロックが写っていませんね。すいません。もう少し下の方にあります。)

その他必要なブロックを「変数」パレットと「演算」パレットから取り出して、画像のように並べます。

これでスタートしてやると、ちゃんと残り時間が減っていきます。
しかし、「じかん」がゼロになっても、ネコさんをクリックして得点できてしまいます。
これではいけませんね・・・。

「分岐(もし〜なら)」を試してみる

ネコさんがクリックされた時に行う処理の方を改造して、
「じかん」がまだ残っていた時だけ、「てんすう」を増やすように変更します。

「制御」パレットから「もし〜なら」ブロックを取りだして、画像のように組み立てます。

はい!これで、制限時間付き、得点表示ありの「モグラ叩きゲーム」ができました!

あとは、BGMとクリック時の効果音ぐらい、つけてみましょうか。

続きの記事「4ブロックモグラ叩きの改造(2)」を読む

スポンサーリンク
レクタングル大広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大広告