大阪市教育センター、奈良女子大学付属小学校を訪問しました

去る12月28日、大阪市教育センター、奈良女子大学付属小学校を訪問しました。

まなゲーらんどの取り組みや公開している学習ゲームについてお話し、話を聴いてくださった方それぞれのお立場からご意見を伺いました。

さまざまに意見を伺いましたが、興味深かったのは利用者にとってプラスになるはず(と、こちらが考えている)の機能や制作上の方針が、公的な機関からの推薦・学校組織での活用という点では却ってマイナスに働いてしまう場合があるということがはっきりと分かったことでした。同時に、まなゲーらんどが提供しようとしているメリットそのものについては、やはり需要・支持があるということもあらためて確認できました。ゲームのタイプや使用する機能など、選択の幅を持てるようにすることで、より多くの方々に利用していただけるようになると感じました。

伺ったご意見の詳細はここでは省きますが、今後の制作に反映させて行きたいと思います。年の瀬のお忙しいところお時間を割いてくださった皆様に心から感謝します。ありがとうございました。

追記:意見交換等に応じて下さる教育関係者の方を募集しております。メールでのやりとりでも結構ですし、直接お話させていただけるならなお歓迎です。お待ちしております。(もちろん、一般の利用者の皆様からのご意見・ご感想も大歓迎です!)

管理者:池田へのお問い合わせはこちらから

スポンサーリンク
レクタングル大広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大広告